プロフィール写真その1

1980年3月3日 岐阜県に生まれる
1994年4月  事故により、車椅子生活になる
1996年    車椅子の陸上競技を始める
1998年4月  愛知学院大学文学部心理学科入学
2001年4月  在学中、よりよい練習環境を求め、神戸市に単身転居
2002年3月  愛知学院大学卒業
2002年4月  (株)マルアイ入社
2002年11月  日本代表入りし、フェスピック(アジア大会)で金メダル獲得
2004年4月  (株)マルアイ退社し、競技に専念
2004年9月  アテネ・パラリンピック出場
2006年5月  ワールドカップ(イギリス)で銀メダル獲得、現役引退
 

プロフィール写真その2

2006年8月  自民党公認候補に応募
2006年9月  論文・面接試験を経て、公認候補に決定
2007年4月  神戸市会議員(西区選挙区)に初当選
       神戸市会で初めての車椅子議員となる
2009年6月  福祉環境委員会副委員長を拝命(任期1年)
2011年4月  神戸市会議員(西区選挙区)2期目当選
2012年6月  企業建設委員会副委員長を拝命(任期1年)
2014年6月  産業港湾委員会副委員長を拝命(任期1年)
 

プロフィール写真その3

政治の世界に入ろうと思ったきっかけは何ですか? 私は車椅子生活となり、人の温かさを感じる一方で、街や社会に私のような障がいを持つ者の声は届いていないな、と痛感しました。自分自身もそれまでは気付かなかったことですが、自分が車椅子生活になったことは、ある意味、街や社会を変えていく使命を与えられたのではないかと感じました。
 それ以降、1人で街に出たり、公共交通機関を使ったりして感じたことをまとめ、行政や新聞社に投稿するようになりました。そして少しずつですが、街が変わっていきました。私はそこで、自ら声をあげること、自ら行動することの大切さを知りました。
 忘れもしない、2006年トリノオリンピックの閉会式、次期開催地であるバンクーバー市長が電動車椅子で登場するシーンをテレビで見ていました。瞬時に、かつてバンクーバーにホームステイしていた時のことを思い出しました。ハンディがあることを忘れ、街に自然と溶け込んだ、あの時のことを。そして、衝撃を受けました。障がいがある人自身が政治に関わることは、どれだけ街や社会が変わるだろうか、と。
 その年の夏、夫から手渡された「神戸市会議員候補者募集」の新聞記事で、政治の世界に入る決意をしました。
 
 
そこで、なぜ自民党を選んだのですか? 私は恥ずかしながら、私は元々、政治に精通していたわけではありませんでしたし、あえて言うならば、無党派の人間でした。ただ、せっかく政治の世界に入るなら、声の通るところがいい、と思いました。当時、自民党は与党でありましたし、私の声が通るかどうか、私の存在を受け入れてもらえるかどうか、公募に応募したらわかることだとも考えました。1次試験(論文)を通過し、2次試験の面接を受けた時、面接官の私を見る目は、とても温かいものでした。マイナスと捉えられがちな私のハンディを、逆にプラスとして捉え、そして、公認候補として、私に政治の世界に入るチャンスを与えてくれました。
 当時、「山口は自民党に利用されているのでは?」という声をいただいたこともありました。しかし、党所属の議員となり、党の一員として活動を重ねていくうちに、その疑いは晴れました。車椅子であること、幼い子供を育てていること、いわゆる、社会で活動するのにマイナス要因だと捉えられることを、その時に応じて、しっかりとフォローしてくれています。(党本部での勉強会は、子供の面倒まで見てくれます)
 そうかと言って、自民党の過去を全て肯定しているわけではありません。しかし、自らの失敗は失敗と認め、反省し、次のステップに生かす力は持っていると思います。だからこそ、失敗や挫折の経験を持った人を排除せず、私のような立場でも対等に扱ってくれるのだと思います。
 
 
政党に所属していると、いろいろと制約があるのでは? 私は確かに、党の方針に従わないといけないことはあります。この数年で、私も何度か悔しい想いもしましたし、これからもあると思います。その時は、こんなところにはいられない!と正直思うのですが、落ち着いてみれば、私にとっては必要な試練だと気づかされるのです。私は他の議員さんに比べても、格段に政治経験が少ないです。人生経験もまだまだです。議員として、人として、もっと自分を鍛えていくためには、完全に自由な場所ではなく、ある程度拘束された場所にいることも、今の自分には大事だと実感しています。
 一方で、メリットもあります。1番のメリットは、幅広い業界の方とおつきあいができることです。どうしても私は、福祉分野に特化して取り組みがちなのですが、いろんな業界の方とおつきあいすることで、ずいぶんと視野が広がりました。それが結果的に、福祉分野を取り組む上でも生きています。もう1つメリットを上げるならば、本音の政策論争ができ、切磋琢磨できる仲間がいるということです。そこには、価値観や関心のある分野が違う者がいますから、世の中の縮図となり、とてもいい議論ができます。バランスのとれた、よりよい政策を作り上げるために、大切な過程ですし、それができるのも、政党に所属しているからだと考えています。
 
 
普段はどうやって活動していますか? 私は基本的には自分の車で移動しています。議会での仕事の時は、市役所の敷地内(議会専用エレベーター付近)に確保していただいている幅の広い駐車場に車をとめ、議員団の控室や議場へ向かいます。議場はバリアフリーに改修していただき、車椅子用お手洗いも設置されているので、困ることはありません。スタッフにも恵まれ、とても快適に仕事をしています。地域内の仕事や出張など、時と場合によって、夫の送迎をお願いすることもあります。夫は私の事務所の責任者をしてくれていますので、臨機応変に対応してもらっています。多くの方のご協力により、仕事ができていることに、いつも感謝しています。

普段の活動状況の写真  
 
これからの課題・目標は? 私は少子高齢化社会を迎え、これからの時代、社会や行政の支援を求める方が、ますます増えていくと思います。「自分はこんなことで困っているんだ!」という主張はとても大切だと思いますが、自分より大変な立場に置かれている人のことを思いやり、いろんな方と関わりながら、必要な支援を考えていくことが、これからの課題だと思っています。そのためには、現実から目をそらさず、し っかりと物事の本質をとらえ、深く考えられる人間になりたいと思っています。


今までの活動

活動実績

1996年〜   全国各地の陸上大会に出場
        講演活動も始める
1996年7月  岐阜ファッションフェアにて車椅子モデルを務める
1998年1月  長野オリンピック聖火リレー
1998年4月  ニュースステーションに出演
2003年〜   神戸市スポーツ優秀賞 受賞
        兵庫県スポーツ優秀賞 受賞
2003年8月  サンテレビに生出演
2003年12月  神戸新聞全面広告の車椅子モデルを務める
2004年10月  内閣総理大臣賞 受賞
        厚生労働大臣賞 受賞
2005年1月  日本経済新聞・朝日新聞掲載の愛知学院大学広告のモデルを務める
2005年9月  愛知万博にて講演
2006年7月  愛知県一宮青年会議所主催イベント(モザイク壁画披露会)にゲスト出演
2009年6月  専修大学校友会兵庫支部総会にて講演
2009年12月  自由民主党兵庫県加東支部にて講演
2011年8月  愛知学院大学にて講演

神戸市内での講演(一部抜粋)

  • 神戸市立垂水養護学校(垂水区)
  • 神戸市立井吹東小学校(西区)
  • 神戸市立鵯台中学校(北区)
  • 神戸市立湊小学校(中央区)
  • 神戸市立押部谷中学校(西区)
  • 神戸市立長坂中学校(西区)

活動写真

■レース■
京都での写真 長野での写真その1 長野での写真その2 大阪での写真
■イベント参加■
高津橋小学校イベントの様子 スポーツふれあいフェスティバルの様子 はばタンフェスタの様子 一宮青年会議所での写真
■講演活動■
豊中市立南桜塚小学校での活動写真 大阪府養護教育研究会での活動写真 愛知万博での活動写真 愛知学院大学での講演の様子
■その他■
愛知学院大学の写真 内閣総理大臣賞の様子
■選挙■
選挙戦の様子 選挙戦の様子 2011年統一地方選挙の出陣式の様子 2011年統一地方選挙の街頭活動の様子
■議会活動■
本会議での代表質問の様子 予算・決算特別委員会の質疑の様子 本会議での代表質問の様子 他都市の議員視察対応の様子