情熱市政NEWS VOL.19

2014年10月08日 市政報告 by shisei

中面では、2020年に東京開催が決定した「東京オリンピック・パラリンピック」に関して、全国各地で、わが街にも経済効果をもたらそうと、様々な取り組みが始まっており、神戸市ではどのような取り組みができるかを考察しております。

また、国の補装具費支給制度に「人口内耳(対外機)」もその対象として加えていただけるよう、様々な関係者の意見と合わせて掲載しております。

「条例化を含めたコミュニケーション支援」では、実際に手話を体験し、その大切さや、手話通訳者の高齢化・資格所得者数の伸び悩み等、切実な課題もお伺いしました。

裏面では、前号で皆様にご協力いただきました「ニュータウンの魅力アップアンケート結果」について掲載しております。
皆様からのご意見を基に、ニュータウンの魅力向上、さらにはニュータウン以外の街との強調により西区の発展に努めていきます。
また、「西神中央出張所」に保険福祉サービス窓口ができた事に関しても掲載しております。

今回は、これまで関わりの少なかったみなと総局や産業振興局を所管する常務委員会に入り、自分の取り組める分野を広げる努力をしております。
一方で障がい者などの福祉分野、障がい児の特別支援教育については、これまで同様、当事者の声に耳を傾け、当事者目線での施策提案に努めてまいります。
皆様のご期待に応えられるよう、精一杯がんばりますので、今後ともご指導の程、よろしくお願いいたします。

詳しくは下記をクリック!
情熱市政NEWS VOL.19

コメントを行う